2019/11/13

令和2年2月11日(火・祝日)入場無料「県民公開講座~健康寿命を延ばそう♪~」のご案内 🌟

県民公開講座「健康寿命を延ばそう」

日時:令和2年2月11日(火・祝日)10:00~16:00

場所:あかし市民広場(JR/山陽明石駅南側すぐ、パピオス明石2階)

演題:介護予防のための筋力強化エクササイズ&ストレッチ♪

   【1回目】10:00~12:00

   【2回目】13:00~15:00

  健康づくり・ 元気で長生きできる期間を延ばすための筋力エクササイズ・筋肉疲労を
  取るための筋力ストレッチをステージの講師と一緒に楽しみながら体験して頂けます。

体験コーナー:はり、きゅう、マッサージ、ストレッチ、健康相談

       【体験時間】13:30~16:00


お問い合わせ:公益社団法人 兵庫県鍼灸マッサージ師会

       TEL  078-926-0801  FAX  078-926-0802 

          mail info@mam-hyogo.or.jp     

       

 

 

2019/11/13

西洋医学と鍼灸の併用について -「東洋療法雑学事典」より

東洋療法学校協会の公式サイトの「東洋療法雑学事典」をご紹介させていただきます。
今回は次のテーマについてです。

西洋医学と併用をする場合の注意点は?

当サイトでもご紹介していますが、西洋医学的な検査で異常がないけれども痛みなどの症状がある、というケースがあります。

その場合には、東洋医学としての鍼灸治療をしてみて、症状が和らぐということもあるんですね。

しかしながら、何でもかんでも東洋医学が効果的。というわけではもちろんありません。

 
たとえば、骨折であったり、がんなどの器質的疾患に対して、鍼灸が直接的にそれらを治癒させるということはありません。

けれども鍼灸治療によって、関連する痛みの緩和や、免疫機能の向上が期待できるケースはありますので、そのような効果を目的とした鍼灸治療は、やってみる価値はあると思います。

実際、がん患者さんにおいて、薬の副作用の不快感や、各種の痛みを軽減させるために鍼灸が使われることはよくあるようです。

当サイトでも以前、いくつかご紹介させていただきましたので、こちらもご参照ください。

 ⇒ がんの治療の副作用に鍼灸

 ⇒ 乳がん治療薬の副作用には鍼灸がおすすめ

 
しかし、がんや慢性疾患などで、副作用によるつらい症状が和らいだからといって病気そのものが治癒しているとは限りません。

痛みが弱まった、自覚症状が軽くなったことで、自己判断で薬をやめたり医療機関への受診を中止するのは避けなければなりません。

西洋医学と鍼灸を併用していく上では、このあたりが重要な注意点となりますね。

 
東洋療法学校協会の雑学事典では次のように書かれています。一部を引用させていただきます。

がんのような器質的な疾患は当然治療の対象にはなりません。しかし、がんに付随する痛みの緩和、化学療法の副作用の軽減、免疫機能の向上などの効果が報告されています。また、高血圧や慢性関節リウマチなどの疾患についても治すことはできませんが、症状の緩和に効果があります。このように鍼灸治療は器質的疾患を治癒することはできなくても自覚症状の緩和に効果がある場合が多いので、様々な疾患に有効であると考えられているのです。

 注意していただきたいのは、自覚症状が緩和しているからといって原疾患が治っているのではないことです。症状が緩和されると「病気が治った」と勝手に判断して薬の服用や医療機関の受診を中止される方がいますが、原疾患が治っているとは限りません。

 
今回ご紹介した内容は、下記をご参照ください。

 ⇒ 東洋療法雑学事典アーカイブ 2005年10月

 
東洋療法雑学事典では、一般の人が思われるような素朴な疑問に答えています。下記も是非ご参照ください。

 ⇒ 頭に鍼を打っても大丈夫?

 ⇒ 未病治とはどういうことでしょうか?

 ⇒ 痩(や)せるツボはありますか?

 
その他さまざまなQ&Aは東洋療法学校協会のページで紹介されていますので是非ご覧ください。

公益社団法人 東洋療法学校協会は、下記を活動目的としている団体です。

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうに関する教育の調査研究及び教材等の開発、教員の養成・研修等を行うことによって、あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師の学校養成施設の教育の振興を図り、国民の保健衛生の向上に寄与することを目的としております。

 → 東洋療法学校協会はこちら
(「東洋療法雑学事典」のページをご確認ください)

 
鍼灸についての基本情報をまとめた「鍼灸ファクトブック」も当サイトにはございますので是非ご覧ください。

 ⇒ 鍼灸ファクトブック

 

2019/10/27

鍼灸の適応症や保険適応について -「東洋療法雑学事典」より

東洋療法学校協会の公式サイトの「東洋療法雑学事典」をご紹介させていただきます。
今回は次のテーマについてです。

・保険の適応
・はりは痛い? お灸は熱い?
・鍼治療の適応症
・東洋医療の特徴って?

保険の適応

当サイトでもご紹介していますが、鍼灸が保険適応となるケースには条件があります。

東洋療法学校協会の雑学事典では次のように書かれています。

鍼灸においては「神経痛」「リウマチ」「頚腕症候群」「五十肩」「腰痛症」「頚椎捻挫後遺症」の6疾患について、マッサージにおいては「筋肉の麻痺」「関節の拘縮」などが適応になります。
 但し、両方とも医師の同意書が必要となりますので、詳細は治療を受けている(またはこれから受ける)治療院などでお問い合わせ下さい。

鍼灸では上記6つの疾患について、医師の同意があった場合に保険適応が可能になるんですね。

はりは痛い? お灸は熱い?

これについても当サイトでは何度かご紹介させていただきましたが、鍼は「ほとんど痛くない」ですし、お灸は熱くありません。

そもそも痛かったり熱かったりしたら、鍼灸治療そのものを受けたくないですよね。

東洋療法雑学事典では次のように書かれています。

鍼は痛くありません。
 はりの直径は0.16~0.2ミリで成人の毛髪くらいの太さです。
 一番細い注射針の中に入るんですよ! 

灸は熱くありません。
 小さい(米粒の半分くらい)の大きさです。
 八分灸は、全部燃やしません。

灸には実際にはさまざまな種類のものがあります。

鍼治療の適応症

鍼灸治療にはどのような病気に適応するのでしょうか。

一般的には「肩こり」「腰痛」などにいい、と思われていることが多いですが、それだけではないんですね。

東洋療法雑学事典では次のように書かれています。

WHO(世界保健機構)は、1979年に鍼治療の対象として、以下の疾患を挙げています。

注:これらの中には、日本では、鍼治療がおこなわれていない疾患も含まれています。

 副鼻腔炎、鼻炎、感冒、扁桃炎、気管支炎(合併症のないもの)、
 結膜炎、中心性網膜炎、小児白内障(合併症のないもの)、歯痛、
 抜歯後疼痛、歯肉炎、咽頭炎、食道噴門痙攣、
 横隔膜痙攣(しゃっくり)、胃下垂、胃炎、胃酸過多症、
 十二指腸潰瘍、腸炎、下痢、便秘、麻痺性イレウス、頭痛、
 片頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺(初期3~6ヵ月以内のもの)、
 脳卒中による麻痺、末梢神経系疾患、
 ポリオの後遺症(初期6か月以内のもの)、メニエール病、
 神経性膀胱障害、夜尿症、肋間神経痛、頚腕症候群、五十肩、
 テニス肘、坐骨神経痛、腰痛、関節炎

さらに実際には、上記以外の疾患に対しても鍼灸治療を試すケースがあります。

東洋医療の特徴って?

東洋医学の特徴についても鍼灸netでは数多くご紹介させていただいてきております。

鍼灸は体の中のアンバランスを整える、というのが得意分野なんですね。

東洋療法雑学事典では次のように書かれています。

東洋医療は人間の体を部品としてみるのではなく、全体として、バランスを整えます。

東洋療法には「未病を治す」という言葉があります。病気になってからではなく病気になる前に治そうということです。
これは現代の予防医学に通じます。東洋医学では数千年前からそう考えているのです。

 
今回ご紹介した内容は、下記をご参照ください。

 ⇒ 東洋療法雑学事典アーカイブ 2004年10月

 
東洋療法雑学事典では、一般の人が思われるような素朴な疑問に答えています。下記も是非ご参照ください。
東洋療法雑学事典では、一般の人が思われるような素朴な疑問に答えています。下記も是非ご参照ください。

 ⇒ はり治療は何歳から?赤ちゃんでも大丈夫?

 ⇒ 風邪の症状に鍼灸の効果はある?

 
その他さまざまなQ&Aは東洋療法学校協会のページで紹介されていますので是非ご覧ください。

公益社団法人 東洋療法学校協会は、下記を活動目的としている団体です。

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうに関する教育の調査研究及び教材等の開発、教員の養成・研修等を行うことによって、あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師の学校養成施設の教育の振興を図り、国民の保健衛生の向上に寄与することを目的としております。

 → 東洋療法学校協会はこちら
(「東洋療法雑学事典」のページをご確認ください)

 
鍼灸についての基本情報をまとめた「鍼灸ファクトブック」も当サイトにはございますので是非ご覧ください。

 ⇒ 鍼灸ファクトブック

 

2019/10/12

宝塚地区講習会(終了)

日時:令和元年11月10日(日)10時~12時

会場:阪急今津線仁川駅下車 さらら仁川3階

講題;明日から使える骨盤矯正

講師:骨盤サロン美ken 院長 植松朝恵先生

会費:会員無料、一般2,000円、学生1,000円

※問い合わせは、宝塚鍼灸マッサージ師会まで

FAX 0797-77-0029  MAIL info@tama1932.com

 

2019/10/01

三田市で鍼灸マッサージ院をお探しなら「なる鍼灸治療院」

2019/09/30

第44回にしのみや市民祭り(終了)

日時:令和元年10月26日(土)

会場:西宮市役所周辺

「ふるさとブース」にて、マッサージ無料体験コーナーを実施しております。

あん摩マッサージ指圧師による施術を、どうぞ気軽にご体験ください(^^♪

第44回にしのみや市民祭り公式サイト

兵庫県内の鍼灸院・マッサージ院をご紹介

 

2019/09/01

第18回「東洋療法推進大会in神奈川」(終了)

 

神奈川大会ポスター

開催要項

■開催目的
 一般公開講座を開催し、広く国民に対し良質の医療情報を提供するとともに、全国の鍼灸マッサージ師の資質向上に資するための研修と臨床の学技の場を提供し、鍼灸マッサージ業界の発展と、国民の公衆衛生向上を目的とする。

■主 催
 公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会

■共 催
 一般社団法人 神奈川県鍼灸マッサージ師会

■後 援
 厚生労働省・神奈川県・横浜市・(公社)日本医師会・(公財)東洋療法研修試験財団・(公財)国際医療技術財団・あはき等法推進協議会加盟団体・(公社)日本栄養士会・(学)後藤学園神奈川衛生学園専門学校・(学)呉竹学園呉竹鍼灸柔整専門学校・湘南医療福祉専門学校・(公財)神奈川県体育協会・神奈川新聞社・読売新聞横浜支局・株式会社テレビ神奈川

 
■大会テーマ
「令和元年 未病治宣言 ~新たな時代へ Let’s go Sailing!~」

■開催日程
 令和元年10月20日(日)12時~10月21日(月)13時

■会 場
 新横浜プリンスホテル 5F「シンフォニア」 4F「若菜」「桜川」
 〒222-8533神奈川県横浜市港北区新横浜3-4
 TEL.045-471-1112(代表)

■特別講演 市民・県民公開講座
 日 時 令和元年10月20日(日)12時40分~14時10分
 講 師 神奈川県立保健福祉大学 学長 (公社)日本栄養士会 会長 中村丁次 先生
 演 題 「未病治と栄養学」~医食同源の実践が世界を救う~
 参加費 無料

■分 科 会
 保険委員会/法制委員会/学術委員会/介護委員会/災害対策委員会/視覚障害委員会/神奈川県鍼灸マッサージ師会

■参 加 費
 全鍼師会会員 10,000円(付添無料)
 一般有資格者 15,000円
 学 生 学校申込 2,000円/当日3,000円
 市民・県民 公開講座無料

■懇 親 会
 令和元年10月20日(日) 18:30~20:30
 会 場 新横浜プリンスホテル 5F「シンフォニア」
 参加費 15,000円

■ 宿泊ホテルのご案内
・宿泊日  10月19日(土)前泊、20日(日)当日泊
・宿泊料金 お一人様1泊朝食、税金・サービス料込

ホテルご案内

新横浜ホテル案内図

1 新横浜プリンスホテル    横浜市港北区新横浜3-4 TEL:045-471-1111
2 新横浜グレイスホテル    横浜市港北区新横浜3-6-15 TEL:045-474-5111
3 新横浜国際ホテル    横浜市港北区新横浜3-18-1 TEL:045-473-1311

大会会場 & 宿泊ホテルマップ(印刷用)(255KB)

※本ページ最下部の参加申込書に、ご希望の「ホテルの番号」+「S(シングル)又は、T(ツイン)」をご記入ください。
※ホテルの部屋数に限りがありますので、ホテル割は申込順により弊社にてさせていただきます。予めご了承ください。
※喫煙・禁煙は確約ではありません。ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。
※後泊が必要な方は備考欄にご記入ください。

■お申込・お支払いのご案内
(1)参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXにて下記「下電観光バス(株)大会係」にお申込み下さい。
   変更や取消・追加についても必ずFAXにてご連絡下さい。
(2)申込締切日 2019年9月10日(火)必着
(3)予約確認書兼請求書等の送付並びにお支払い方法について
  ・8月下旬に予約確認書兼請求書・参加券・懇親会券・宿泊券等・請求書を郵送いたします。

■取消・変更のご案内
(1)取消料及び変更は、申込書に上書き訂正しFAXでご連絡下さい。
(2)参加費は原則として、返金いたしません。
(3)宿泊、懇親会の取消には、下記の取消料がかかります。
 ・取消の基準日はFAXの通信日を有効といたします。
 ・取消後のご返金は大会終了後、取消料及び所定の手数料を差し引き、返金いたします。

ホテル等キャンセル料

■個人情報の取り扱いについて
 お申込み時にご記入戴きました個人情報につきましては、弊社が担当する今大会に係わる目的以外の利用は致しません。
 予約のための関係機関への情報提供につきましては、ご了承ください。

■お申込み・お問い合わせ先

【申込・宿泊に関する問合せ】下電観光バス株式会社
  〒700-0985 岡山市北区厚生町1-2-8
  TEL:086-224-8824 FAX:086-231-2730

【大会内容に関する問合せ】全日本鍼灸マッサージ師会
  〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12-17
  TEL:03-3359-6049 FAX:03-3359-2023

■参加申込み
 令和元年8月1日(木)~9月10日(火)必着

■申込用紙(FAX用紙)ダウンロード
 ・会員用 エクセル形式(21KB) PDF形式(48KB)
 ・一般用 エクセル形式(19KB) PDF形式(48KB)
 

最新の記事